動作の遅い店員発見


ふざけるな、疲れてるんだ僕は

とても疲れている。

今日、歩きながらYou Tubeで鬼滅の刃の最新号を見た。

無惨様が、生物は死の淵から生還すると強くなると言っていた。

僕で言えば、期間工が第一段階のパワーアップだったのだろう。

そして、「銀歯さんの人生なら死んでます」と言う名のハンマーで頭をぶん殴られたときに二回目の死を体験したのだろう。

そして、今このブラック企業で試されている、死からの生還を。

そして、またしてもこのブログを維持するために4,000円を徴収されてしまった。
流石に放置しておくのは勿体ないので、日々起きた些細な出来事をここに殴り書いておき、動画でいつか話そうと思う。

メモの代わりに丁度いい。
それを、さも今日起きた出来事のように語るんだ。

此処を見た人は黙っていて欲しい、だっていちいち昔こんなことがあってさあ〜って語り口から入るのって鬱陶しいじゃん。

誤字脱字とかそういうのも特に気にしないで欲しい、時間を無駄に出来ないんだ。

今日あった出来事、コンビニでとんでもなく仕事の出来なさそうな若者がいた。

髪型はサイドを刈り上げており、結構爽やかな若者だったんだけど、やたらにレジが遅い。

4人も並んでいるというのに、一人で捌いている、普通コンビニって少しでも人が並ぶと過剰反応でヘルプを呼ぶのに、この少年は焦る様子もなく
ゆったりとした動作でレジをしている。

僕は正直、時間に追われていたので「早くしてくれないかな・・・」と思い眺めていた。

他の客は全員女性だったけど、誰も何も言わずに黙って待っていた。

僕の番が来た、からあげクンをオーダーして、おにぎりとカレーパンとアイスコーヒーを買った。

おにぎりとカレーパンを少しだけ温めてくれるようにお願いした。

レジの少年はゆったりとした動きでからあげクンを取りに行き、丁寧にテープで止めていた、それからおにぎりとカレーパンの袋をハサミで丁寧にカットして、電子レンジの中に入れてボタンを押し、
アイスコーヒー作りに取り掛かった。

ローソンだったので、店員がアイスコーヒーを作るシステムだった。

カップを持ってきて、サイズはMでいいですか?と聞いてきた、僕は「はい」と答えた。

次に何も入れなくていいですか?と聞いてきたので、どっちも入れてくださいと答えた。

かなりゆったりとした動きでクリームを入れてくれた。

暫くしてこちらに戻ってきて、砂糖はどうしますか?と言ってきたのでお願いしますと答えた。

そしたらゆっくりと、ホッカホカのコーヒーを持ってきてくれた。

なので僕は「すみません、頼んだのはアイスの方です」と言った。

そしたら表情を全く変えずに、ゆったりとした動きで戻っていき、暫くしてアイスコーヒーを持ってきてくれた。

何も入れなくていいですか?と聞いてきたので、砂糖もクリームもお願いしますと答えた。

それから暫くしてゆったりとアイスコーヒーが出てきた。

そして、お金を支払い、電子レンジの中で常温に戻ってしまったおにぎりとカレーパンを受け取った。

受け取るときに、少年がカレーパンの袋を凝視して、揉んでいたので気になった。何かあったのだろうかと?

まあ、とにかく僕は時間がなかったので、中々にとろくせぇ店員だなと思いつつもレジを後にした。

僕の後ろには5,6人の人が並んでいた、顔は怖くて見れなかった。

カレーパンを見るとなぜか知らないけどビチャビチャになっており、アイスコーヒーにはホットコーヒー用のシュガーが入っていて、底の方に全て溜まっていた為、全く甘みが無かった。

からあげクンはからあげクンで、頼んだ味と違っていたけれど、まあ別にこれは何でも良かった。

多分この店員は色々な人をムカつかせてしまっていると思うので、怒られるプロだと思う。

糖質君と動きの速度がそっくりだったからだ、常人の動きの速度ではない気がする。

もしかしたら何か薬を飲んでいるのかもしれないと思った。

これから会社に行ってくる


今日は出社時間に余裕がある、何故なら朝イチで寄るところがあり、直行する予定だからです。

だからこのブログを10分程度で書き上げて、さっさと仕事に向かおうと思っている。

前回の僕のブログでは、夕焼けを見て「人生は儚く短い」というごく当たり前のことを痛感したんだが、
実際に朝焼けを見て不思議と涙が流れたことがある。

そしてそれは今でも覚えている。

DENSO期間工をやっていたときのことだった、夜勤が終わって寮に返ってきたときだ。

僕の部屋は確か3階か4階にあり、外階段を使ってそこまで登っていくのだけど、その途中の踊場で町の景色が見えるのだ。

そこで丁度、朝焼けが綺麗だったので僕は暫く眺めていたんだが、太陽が登ってきて、自分を照らし出した瞬間に何故か泣いてしまった。

とても疲れていて勃起までしていたから、もしかしたらこれが死亡フラグなのではないか?と思っていた。

けれど、その綺麗な景色はやっぱり忘れられないし、今でも覚えている。
自分の後ろを通りがかった沖縄人の怪訝そうな顔もよく覚えている。

なぜ、そのとき泣いてしまったのか良く分からない。
自然と涙が出てきたのだ。
人生、そんなことは初だったし、未だにそれ以外はない。

だから僕は全国各地の朝焼けの写真を撮り、それを売って巨万の富を得ようかと思う。
皆さん、朝焼けカメラマンとして僕がデビューしたら一人一冊は必ず購入してくださいね。

では。

本当は儚くて、とっても短い人生


僕は今までに死にそうになったことが何度かある。

その殆どを動画で話していないと思うのだが、無駄な好奇心と、行動力のせいでもあるし、軽率な行動のせいでもある。
注意不足のせいでもある。

恐らく人生っていうのは本当にひょんなことで突然終わってしまうのだろう。
昨日まで元気でピンピンして生きていても、ある日突然の事故で死んでしまう。
人間の身体なんてものはとても脆い、命はとっても脆弱で、生きているということは常に死と隣り合わせなんだろう。

けれど、やっぱり明日も生きるだろうという希望的観測の元に僕らは今日も涎を垂らしながら生きている。

思っているよりか人生は短いし、命は脆弱だし、「ここで終わりだよ」なんてのは誰も教えてくれない。

底辺だろうが、底辺じゃなかろうが、今のとこ命は平等に脆弱だ。

色々な意味で人生や命をもっと大切にしなければならないって突然思った。
夕焼けを見てそう思った。

そろそろ末期なのかもしれえへん。

あまり僕を怒らせないほうが良い


エックスサーバーからブログが凍結された。

理由は3ヶ月毎に支払う4000円弱の料金を滞納していたからだ。
そして、僕のこのブログの収益は月に500円にも満たない。

というよりか、グーグル・アドセンスの自動広告しか付けられないのだが
たまにアドセンスが広告を出すのを休んでいる。

いや、さぼっているのだ。

プログラムを見てみると、何故か広告のコードが消えていたりするのだが、
これは僕の錯覚なのだろうか?

あまり僕を怒らせないほうが良い、こんなブログいつでも捨てる準備は出来ているのだから。

だって、やればやっただけ赤字になって行く不良債権なのだから。

基本的に僕のライフスタイルは動画で話す、何故ならそっちの方が遥かに儲かるからだ。
ここで話す意味がない。

そして、動画で話すまでもないことはTwitterで呟く。

だからこのブログの存在価値など無いのだ、このブログでせめてサーバー代金ぐらいは回収できたのならまだやる気にもなると思うが、
サーバー代すら回収できない。

・・・しかし、僕はいつもエックスサーバーからの凍結のお知らせを聞くたびにお金を振り込んでしまう。

10月に凍結のお知らせが来ていたので、それまでの分と、更にこの先3ヶ月分で8000円程の金を要求される羽目になるのだが、
僕は何故かお金を払ってしまう。

このブログを捨てることが出来ないのだ、ただ更新することも出来ない。
文章は10分ぐらいで終わるが、自分の切り売りをしているような気がしてしまうのだ。

一体全体、このブログは何なのだろうか?
高齢ニートや引篭を見捨てることが出来ない親の心境に近い気がする。

心を鬼にして切り捨てなければならない、こいつには将来性は無いはずだ。

もはや誰も文字なんか読まない、動画の方は楽だし血も通っているように思える。

文字はキャッチフレーズのみで事足りている、つまりTwitterや街中の広告で十分なのだ。

その流れは今後も止まらないだろう、1億総白痴時代だ。

動画もブログも別に言いたいことが言えるわけでもないし、書きたいことが書けるわけでもない。

いや、やろうと思えば出来るが、それをやってしまうと非常に面倒くさいことになるのも知っている。

だから僕はこのブログの存在意義が全く見いだせない。

いらない子だ。

非理法権天


皆さん、非理法権天という言葉を知っていますか?

この言葉を初めて知ったのは法律の本か何かだと思うのですが、
忘れました。
楠木正成が唱えたと書いてあったので、それを信じていたのですが、
Wikipediaを見てみると事実は違うみたいですね。

まあ、誰が唱えたかなんていうのはどうでも良いことです。
僕はこの5文字が結構好きです。

非は理屈に勝てず、理屈は法に勝てず、法は権力に勝てず、権力も天道には勝てない。

これは今の時代にも言えることです、やっぱり一番強いのは天道でしょう。
天道というのは何のことか分かりませんが、まあ、人々の感情だと思っています。

集団の感情は法律をも動かしますし、権力も倒しますからね。

人々の感情というのはやっぱり根付いている共通認識、道徳心でしょう。
例えば老人には優しくしなければいけない、子供は守らなければいけない、弱いものは救わなければならず、同情をしなければならない。

見返りを求めず、優しくなければならない、両親を大切にしなければならない、歯車になって働いて社会の役に立たなければならない、人を殺してはいけない、罪を犯してはいけない・・・

いくらでもありますね、この辺が天道でしょう。
タブーとして多くの人間の中に、国籍を問わずに根付いている集団を上手く機能させる為のルールでもあります。

僕たちは、やっぱり集団主義なのです、蟻ん子と根本的には同じです。

個人主義の時代だと言われては居ますが、やはり本当に個人主義の人間は死ぬまで叩かれる人生を送ることになるでしょう。

個人主義は決して許されることはないのです。
無職の人がインターネット上でどれだけ叩かれるかを見ていても分かりますね。

この「非理法権天」という言葉は、物事の事実を的確に表しているなあと改めて思いますね。

作った人、誰か知らないけど凄いですね。
ぼかぁ、好きですね。

オフィスワークは仕事量が問題


はい、どうも銀歯です。

Xサーバーから3,000円支払え、さもないとお前のブログを凍結するぞ!
という予告を毎日受けております。

ただ、このブログ例え毎日更新したとしても3,000円にすらならないんですよね、難しい問題です。
凍結出来もんならしてみやがれ!という姿勢でいつも戦っているのですが、土壇場のところで結局脅しに屈して金を支払ってしまいます。

そもそも何故僕はXサーバーなんてものを使っているのでしょうか?
無料のブログで良いと思います、けどブロガーが言っていたのです。
稼ぎたかったらXサーバー一択だ!それ以外の選択肢はない!と。

ピュアな僕はその言葉を盲信していました、これが間違えているのか正しいのかすら未だによく理解しておりません。

さて、そんなことよりかオフィスワークのホワイトカラーもどきになった僕ですが、オフィスワークをやってみて思ったことがあります。

仕事が単純で、少なければ、これほど楽な仕事はないなってことです。
僕は今、パートのおばちゃん達と仕事をしているのですが、まあ楽です。
何故ならノルマが非常に少ないから。
あと、会社は基本的に女性にハードワークをさせません。

大体、しんどい仕事は男性に振られますし、正社員に振られます。
そして女性が無理をしていたら男性が仕事を助けてあげるというのがマナーです。

というわけで、おばちゃん達の仕事のおこぼれに預かっている僕は物凄く楽なのですが、そもそもが何故僕は研修をしに来たのか?
本当に訳が分かりませんよね、これでは。

こんな遠くまで遥々やってきて、パートのおばちゃんから仕事を別けてもらうという寄生虫のような仕事を僕はやっているわけです。

さて、いつまでこの平穏な日々が続くのやら。
しかし、僕は思いましたね、次に生まれ変わったら女性がいいなあと。
何故なら比較的、楽させて貰えるからです。

これが美人であれば余計に楽出来るでしょうね、そしたらどんどんとその欲求はエスカレートして行き、金持ちで甲斐性のある男性と結婚したいと思うようになって当然だと思います。

人の欲求は大体一緒ですからね。

逆に仕事量が多いオフィスワークの人は絶対に大変でしょうね。
工場の製造なんかだとタクトタイムみたいなものがあって、大体何時間でこなせるか答えが出ますからね。

土方とか建設業でもそうです、業界の常識みたいなものがあると思います。
この工程はどのぐらいの時間を要するのか?とかね。

しかし、オフィスワークはこれが曖昧な気がしますから、人が少なかったりしたらその分の仕事量が個人の負担になるわけです。
残業をする人間は無能みたいな風潮が日本でも出てきましたが、そもそもこなせない仕事量を与えられている人はどうなのでしょうね。

まさか自分が身銭を切って外注にでも頼めば良いのでしょうか?
効率よく仕事を出来るシステムを導入するぐらいは出来るかもしれませんが、恐らくそんなことを考えたり、調べているいる暇もない人が大勢いるんでしょうね・・・

登録者数10000人。


動画ちゃんねるの登録者数が10000人を越えました。
ありがとうございます。

延々と話し続けてきて2年間、とうとう大台に乗りましたね。

You Tubeって一番大変なのが登録者数0人〜1000人のところだと思うので、自分の場合はそこは結構早くクリアー出来たので良かったですね。

たまたま期間工動画が当たってくれたので助かりました。

それでも、2ヶ月間ぐらいは誰も見ていない動画を上げ続けるという不毛なことをやっておりましたが、これでも早いほうだと思います。

まあ、単純にあの頃は収益化なんてものを考えずに趣味としてやっていましたが、やっぱり誰にも見られないというのは寂しいものがありますからね。

登録者数を一人増やすことも中々難しかったですね、やっと一人増えたかと思ったら、すぐに一人減っていたり・・・

今考えると、単純に一人の増減なんてものはよくあることなんですが、当時は結構敏感でしたね。

丁度登録者数1,000人いなければ収益化されないというルールが新設されたばかりでしたしね。

しかし、登録者数っていうのは不思議なものですね、同じようなスタイルで半年ぐらいで登録者数数万人とか行く人もいれば、一桁のままの人もいます。

やっぱり伸びる動画っていうのはライト層が付きそうな雰囲気があります。
ライト層というか、男女ともに不快感を持たれずに見られる動画ですね。

男が一人でブツブツ呟いていても、ソフトな雰囲気がある明るい感じの動画です。

自分の動画にはそれはないと思いますので、伸び代はあまりないでしょうね。
1万人越えて更に加速・・・ということは望めません。

けれどまあ、キャラなので仕方がないですよね。

というわけで、動画でもあげましたが、10000人到達ありがとうございました。

底辺に寄り添う??


たま〜に、銀歯さんこれからも底辺に寄り添った動画を作って下さい系のコメントがあります。

こういうコメントを見ると胸焼けしそうになります。

だって、自分は底辺の味方じゃないし、底辺を見下している訳ですし、だからこそ底辺から抜け出そうとしている訳です。

底辺に同情なんかしませんし、自分も同情なんかされたくないです。

「弱者の味方」というスタンスは吐き気がするほど嫌いです。
というか基本的にどっちかにポジションを取りたくないです、僕が取っているポジションは自分本位です、自分のことしか考えていません。

だから「弱者の味方」でも「強者の味方」でもありません、これは事実です。
寧ろずっとこういったスタンスで動画をやって来ているのにも関わらず、未だにこういったコメントが来ることが理解できません。

「お前のこと見損なった」とか、「ほんとクズだな」とかいうコメントも貰ったりしますが一体全体僕に何を期待しているのでしょうか?

僕はクズではありません、かといって弱者の味方でもありません、ただの底辺です。
自分のことしか考えられない底辺です、マザー・テレサのことは下に見ています。

いや、よく考えてみたら別に上にも下にも見ていません。
興味がないです、テレサはテレサで好きに底辺を救ってくれればいいと思います。

僕は救いません、この先もずっと底辺を救いませんし、もし間違えてお金持ちになったら底辺界隈とおさらばしますが、底辺界隈にお返しなんかするつもりも毛頭ありません。

底辺同士が手を取り合って底辺から抜け出すとか、ONE FOR ALLとか吐き気がします。

底辺から抜け出したければ一人でそっと抜け出しましょう。
僕の辞書には「移動は誰かと一緒に」という言葉はありません。

ただその代わり他人の足も引っ張るつもりはありません、抜け出したいやつは抜け出せばいいと思うし、足掻けば良いし、
底辺同士で馴れ合いたいやつは馴れ合っていれば良いとも思います。

僕は自分が抜け出せればどうでもいいのです、このコメントをくれた方は自分で動画を出しているみたいでした。

宣伝して下さいというDMが届いていました。

見たら河川敷のホームレスに食料を買ってあげて、支援を呼びかけて、動画撮影していました。

ホームレスは急に姿を消していました。

すみません、吐き気を催してしまったので僕の動画では紹介することは出来ません。

台風なんてこんなもんだ


正直に言います、僕は超大型台風が来ることに対して、警戒心を抱いて避難をする準備を整えるとか書いていましたが

実際のところは、家でハーフパンツで寝そべって映画を見ていました。

逃げる準備なんてものは何もしていませんでした。

そして、いつの間にか台風が去っていました。
そうです、偉そうなことを言いつつも、完全に台風を舐めていたのです。

途中で撮影でもしに行くかなと、近所の公園に向かったのですが、以前空港で立ち往生を食らったときの台風の方が激しかった為、戦意喪失して途中で缶コーヒーを買って踵を返してきました。

そんなもんです。

結果的に大した台風ではなかったみたいですね、大した台風ではないというよりか、危機感を煽られすぎてましたね。

僕は正直、不謹慎ですが、台風みたいな非日常が好きです、街に出ても誰も居ないし妖怪が歩いていてもおかしくありません。

アメリカ人は台風にノスタルジックを覚えるらしいですが、実は僕もノスタルジックを感じるんですよね、これは内緒ですよ。

昔、妖怪の百鬼夜行をテーマに作った作品があるのですが、台風をイメージして作りました。

また作ってみたいですね、百鬼夜行は絶対に台風の日に現れると思うんですよね僕は。

台風来とるやないか


なんか台風が来ているらしいですね。
実は今日、遠出して廃墟に行く予定だったので悔しいです。

普段の台風ならば別に気にしませんけど、今回の台風は大型台風らしく避難勧告みたいなものも出ていました。

僕は基本的に台風を舐めています、何故ならちょっと強い風という認識しかないからです。
ただ、住んでいる場所の近くに大きな河がある場合は話は違ってきます。

僕は本能を信じています、誰よりも自分の本能を信じています。

いつでも避難できるように荷物を纏めて、クルマにさようならを呟いて、逃げる準備を万全にしておくことにします。

そのときまで部屋で待機して、優雅に読書でもしながら時が来るのを待とうと思います。

もしも僕の動画の更新が止まったら、そのときは死んだものだと思ってください。