社会不適合者は動画投稿者になるべき?


どうも、銀歯です。

よくyoutubeは社会不適合者こそが向いていると言われています。

本当にそうなのでしょうか??

僕は疑問が残ります、確かに「変な人」を見たいという人は多いでしょう。
私生活で関わり合いになりたくない、一緒に仕事をしたくない、けれど動物園的な感覚で見学してみたい。

あと、自分の知らない世界の情報が聞きたい、知りたいといった需要もありますよね。

そういう意味で言ったら、確かに社会不適合者というのは条件を兼ね備えている確率が高いので向いているのかもしれません。

しかし、余りにも炎上要素が高い人は継続性に問題が生じてくると思うので、ある程度自分自身を客観視出来る人やら、世間一般を把握出来る人でなければ継続的にyoutubeに動画投稿をすることは出来ないと思うのです。

つまり、そういう人が本当に社会不適合者であるかどうか?という問題です。
多分、そういう計算をしている人が社会不適合者とされるのであれば、世の中にはそれ以下の人たちがゴロゴロいます。

そして、次にそういうゴロゴロとしている社会不適合者の人が動画投稿をやるのはどうなのでしょうか?

多分、需要はあります。
そして、本人も炎上したり叩かれたりすることに対して大してダメージを受けないというケースも結構あると思います。

そもそも、そういった人達が他人の評価をそこまで気にするか?という問題があるからです。

もし、他人の評価に敏感であるのならば、既に真の社会不適合者とは言えないと思うのです。

程度の差こそあると思いますが、他人の評価を気にするのは通常の人間ならば当たり前です。
他者の評価から自分の歪んでいるところや、世間一般と乖離している部分を把握し、改善するなり開き直るなりのトライアル&エラーを試みたことがあるはずなのです。

多くの場合はそう簡単に修正できるものではないのですが、この過程のお陰で自分と世間一般の乖離を「把握」はしている筈です。

なので、そこを大多数の人間から指摘されないように、隠したり、自ら開示して武器にしたりなどすると思うのです。

その根底に流れているのは、「指摘されたくない」からですが、恐らくこれは「普通」の人です。

真の社会不適合者というのは自分の見解では、ここに辿り着きません。

自分の会社にもこの手の人はいますが、他人から指摘されること全てを悪意のある攻撃だと認識し、シャットアウトしてしまうのです。

なので、自分と世間一般の摺合せという行為自体が生まれないのです。
恐らくこれが真の社会不適合者です。

その思考回路自体は自分を守るための防衛本能だとしても、結果的にやはり社会から認められることはないでしょう。

こういう人達が本当にyoutube界隈で動画を出したらどうなるのか?

まあ、見ている分には面白いですよね、イライラしながら見る人も、叩きまくる人も、馬鹿にしまくる人もいて、一つのエンターテイメントとしてかなりレベルの高いものになりそうです。

けれど、まずそういう人は動画投稿をやろうと思いません。
これは自分の経験上ですが、やっぱりこういった真の社会不適合者というのは、自分を俯瞰して見ることが欠落していますので、何が価値を生むのか?という部分が理解出来ないと思います。

たまに間違えてyoutubeなんかにも真の社会不適合者みたいな人が迷い込んでいますが、大体がボロ雑巾のように弄られて消えていきますよね。

その先が無いのです。

多くの人の言う「動画投稿に向いている社会不適合者」とは、恐らくは
社会不適合者のふりをした、何処かの会社で上手くやれなかっただけの人です。

何故なら僕は真の社会不適合者を大勢知っていますから。
いわゆる、プロフェッショナルと言っても過言ではないですからね!

投稿者:

銀歯

年収200万円底辺製造業勤務、高卒、1980年生まれ、ど田舎在住。 主にyoutubeにて動画投稿をしています。

「社会不適合者は動画投稿者になるべき?」への1件のフィードバック

  1. この動画を見た時に銀歯さんは怒ってる?と思った事を思い出しました。間違っていたら、すみません。
    だいたい見て見ぬ振り、触らぬ神に祟りなしに近い状態で遠巻きに見る社会不適合者。
    表面上は理解を示し、真のところでは関わらないようにするのが現実。
    動画投稿に社会不適合者がむいているかいないかなんて、銀歯さんにとってどうでもいい事なのに、あえて取り上げる。
    その真意は?
    この社会不適合者といわれる方々の心のピュアな部分をつたえたいのではと、私はいつ見ても思います。
    純粋にただ実直に生きる人の生き様は、駆け引きや計算がなく、本当に純粋すぎるほど純粋で。
    銀歯班の班長さんはそれを目の当たりにしていて、本当に生きづらく壁にまともにぶち当たっている人を見ていた銀歯さん。
    自称社会不適合者と本物社会不適合者の違いを知りすぎているんですよね。
    世の中が、荒んだ今を忘れるために自分より下の人間を作り、笑い、弄ぶ。
    だからそこに自分が何者であるか、何故そこにいるかわからない人を投入し、笑う。
    その題材が「社会不適合者」
    私は笑えません。
    自分の売りとして笑いをとっている人は違いますよね。
    簡単に一括りにせず、純粋に生きづらい中で生きている人にどうか優しい世の中になりますようにと願うばかりです。
    明日は七夕。
    バカにした笑いではなく、見守る笑いがうまれますように。
    またまた銀歯さんの論点からズレたコメントですみません。
    今日もブログが更新されていて嬉しい限りです。
    新しい環境が落ち着いているみたいで何よりです。
    ではではまた、失礼しました。
    で、手は振ったんですか?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です