婚活という地獄


最近、婚活系youtuberの動画を結構見ています。

自分は夜勤の仕事中にスマホで音楽を聞いたり出来るのですが、AmazonもYou Tubeのミュージックもどちらも割とワンパターンなのです。

エンドレスで流していると、どっちも身売りしているアーティストが同じ感じなので段々と飽きてきます。

なのでYou Tubeの動画を見るのですが、映像を見たりは流石に無理なので音声だけを聞くことが多いです。

その際に、ラジオ系で動画を出している人の方が有り難かったりするのです。
まあ、自分みたいなスタイルでやっている人ですね。

あくまでも映像はオマケみたいな形でやっている人達を探すと、婚活系のyoutuber界隈が結構多かったりします。

いくらラジオ代わりと言っても、やっぱりリアルな話が聞きたいってのもありますし、年齢層も同じぐらいの人の方が親近感持てますしね。

そうなると、婚活系の方々が結構該当したりします。

それで話を聞いていると、まあ、酷いですね。

婚活ってやっぱり難しいんだろうなというのを感じます。
男は女に容姿と若さを求め、女は男に経済力とある程度の若さを求める。

そして、どちらも満たせるような当たり物件は基本的には婚活市場に流れてこないし、流れてきてもすぐに消えていく感じでしょうか。

まあ、理屈的にそりゃあそうだろうなという感じですよね。

恋愛とはまた違った切実な選択ですもんね、人間にとって。

しかし、婚活市場ってのは正直面白そうな人間がたくさんいそうではあるなとも思います。

特に女性目線で婚活市場を見たらとんでもないモンスター男性は多いと思いますので、動画としてはお宝の山ですよね。

まあ、女性にもモンスターは多いかもしれませんが、正直言って弱者だと認識されている女性を弄るって行為は許されないでしょうから
恐ろしくて出来ませんけどね・・・

そして、やっぱり相対的に見たら、男性モンスター比率の方が圧倒的に多いかと思います。

社会でのモンスター比率を考えたらやっぱりそうでしょう。

自分がもし女性だったら確実にyoutubeでやべえ男性をネタにして動画出してるでしょうね。

けれど、婚活って1年間とかの期間を決めて、その間に出来なかったらもう時間もお金も勿体ないので辞めるという選択肢もあると思いますわ。

男性であれば尚更にそう思うんですけど、そこまで結婚に価値は高くないような気がします。

確かに結婚をするということのメリットは様々あって、それは自分の動画でも話していますが、ダブルインカムや世間体の他にも、幸福度を上げるためにとても大事なものである「承認」「愛情」といった精神的なものがありますからね。

まあ、「結婚」という制度を利用しなくてもこれらを得る手段はあるのかもしれませんけど、契約や制約のない方法となってくるとマイノリティになってしまいますのでこれもまた大変でしょうね。

けれども、婚活市場でこの「承認」「愛情」を得ることは考えてみれば簡単ではないのかもしれません・・・

なんとなくですけど、自分自身が売れる商品なのかどうかというのは1年間も席をおけば恐らくはっきりとするかと思います。

そして、売れる商品であれば、買い手の中からより質の高い人を選ぶことで婚活地獄を容易に抜け出せるような気がしますが
そうでなければ、正直無駄な金と時間の浪費になりそうですよね。

売れないのであれば、恐らく相手から魅力的に映らない商品、多くの人が避けたがる商品であることは間違いないと思いますから、
そもそも向いていませんよね。

相手に選ばれることにも向き不向きはありますって。

向いていないことに時間を使うほど人生の中で無駄なこともないのかもしれません。

まあ、自分の場合は年収200万円で38歳という実績があるので、そもそも商品棚に自分を置くことすらしませんけどね。


色々、悩んでる


どうも、銀歯です。

人生、楽ありゃ苦もあるらしいですね、僕の人生は基本的には「苦」でしょうね。
他人から見たらそう思われるかもしれないです。

自分自身はこう見えて一生懸命生きてるんで、考えたことがないです。

ただ、他人に言われるんです。

そして、今現在も自分がした選択が果たして正しかったのか、間違えてたのか、そして戻るべきか、進むべきか、異常に悩んでいます。

悩んで、悩んで、悩み抜いても、答えなんか出てきません。

そもそも答えってなんでしょうか?結果でしょうか?

人生万事塞翁が馬というのは、僕の好きな言葉ですけど
振り返ったときにしか実感できませんよね、これ。

取り敢えず、意地でも生きていきますが、その人生の中で何を得たいのか?
何がいらないのか?

正直、良く分からなくなってきますよね、だって実際に自分は欲しい物を全て持っていますし、何も持っていないのですから。

良く分からないと思いますが、僕自身が良く分からないわけです。

近くに夜回り先生が歩いていたら、衝動的に相談してしまうかもしれません。

そう言えば、夜回り先生って数年前に癌で死ぬとか言っていましたが、全然死にませんよね。

癌はどうなったんでしょうか?

当時の僕の友達が夜回り先生に憧れて、夜の街を徘徊したらしいです。

そしたら職務質問されたと怒っていました。

警察官は第二の夜回り先生を潰したんです、許せますか?

まあ、孔子の言葉らしいですが

『子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず』

とういうのがありますが、僕は四十になっても、五十になっても、惑い続けて生きたいですわ。

惑わない人は、自分の中ではゴム毬みたいなもんです。

人間らしくないです。

期間工も視野に入れて求職活動をしよう


正直言ってまとまった金がほしい。

期間工は世間で言われるほど儲からないとは思うけど、寮費が無料なので1年間も働けばそれなりに纏まった金が手に入る。

引っ越しのお陰で金が出てってしまったので落ち着かないのだ。

年収200万円でコツコツ貯めた、ゴミみたいな貯蓄が激減してしまった。
これを補充しつつも、愛知県で求職活動をするのも悪くないかもしれん。

ただ、DENSOなら求職活動をしつつ働く余裕があるけれど、他の工場では無理だ。
そして、DENSOは募集してるか分からない。

俺がDENSOをYou Tubeで薦めまくったことが仇になるかもしれない。

自分で自分の首を絞めてる。

TOYOTAだけは死んでも働きたくないし、他の自動車工場でも働きたくない。

出来ればまたDENSOでクルルに乗って、風を切って、爽やかにお金を稼ぎたい。

一応、DENSOでは円滑に満了したはずなので、悪いデータは残ってないと思うけど、遥か昔になってしまったので無効かもしれない。

当時働いていたときは20代。

40代とかで期間工に来ていたおっさん達を僕は見下していた。

こうはなるまいと・・・

なんだかんだで思いは実現してしまうのかもしれない。
でも期間工で働くぐらいなら今の会社で貯蓄を増やしたほうがマシかもしれない。

子供部屋おじさんから卒業したばかりに、年収200万円という現実が襲いかかってきてる。

年収200万円で一人暮らしは出来るには出来るが、本気で全く残らないという。