登録者数10000人。


動画ちゃんねるの登録者数が10000人を越えました。
ありがとうございます。

延々と話し続けてきて2年間、とうとう大台に乗りましたね。

You Tubeって一番大変なのが登録者数0人〜1000人のところだと思うので、自分の場合はそこは結構早くクリアー出来たので良かったですね。

たまたま期間工動画が当たってくれたので助かりました。

それでも、2ヶ月間ぐらいは誰も見ていない動画を上げ続けるという不毛なことをやっておりましたが、これでも早いほうだと思います。

まあ、単純にあの頃は収益化なんてものを考えずに趣味としてやっていましたが、やっぱり誰にも見られないというのは寂しいものがありますからね。

登録者数を一人増やすことも中々難しかったですね、やっと一人増えたかと思ったら、すぐに一人減っていたり・・・

今考えると、単純に一人の増減なんてものはよくあることなんですが、当時は結構敏感でしたね。

丁度登録者数1,000人いなければ収益化されないというルールが新設されたばかりでしたしね。

しかし、登録者数っていうのは不思議なものですね、同じようなスタイルで半年ぐらいで登録者数数万人とか行く人もいれば、一桁のままの人もいます。

やっぱり伸びる動画っていうのはライト層が付きそうな雰囲気があります。
ライト層というか、男女ともに不快感を持たれずに見られる動画ですね。

男が一人でブツブツ呟いていても、ソフトな雰囲気がある明るい感じの動画です。

自分の動画にはそれはないと思いますので、伸び代はあまりないでしょうね。
1万人越えて更に加速・・・ということは望めません。

けれどまあ、キャラなので仕方がないですよね。

というわけで、動画でもあげましたが、10000人到達ありがとうございました。

底辺に寄り添う??


たま〜に、銀歯さんこれからも底辺に寄り添った動画を作って下さい系のコメントがあります。

こういうコメントを見ると胸焼けしそうになります。

だって、自分は底辺の味方じゃないし、底辺を見下している訳ですし、だからこそ底辺から抜け出そうとしている訳です。

底辺に同情なんかしませんし、自分も同情なんかされたくないです。

「弱者の味方」というスタンスは吐き気がするほど嫌いです。
というか基本的にどっちかにポジションを取りたくないです、僕が取っているポジションは自分本位です、自分のことしか考えていません。

だから「弱者の味方」でも「強者の味方」でもありません、これは事実です。
寧ろずっとこういったスタンスで動画をやって来ているのにも関わらず、未だにこういったコメントが来ることが理解できません。

「お前のこと見損なった」とか、「ほんとクズだな」とかいうコメントも貰ったりしますが一体全体僕に何を期待しているのでしょうか?

僕はクズではありません、かといって弱者の味方でもありません、ただの底辺です。
自分のことしか考えられない底辺です、マザー・テレサのことは下に見ています。

いや、よく考えてみたら別に上にも下にも見ていません。
興味がないです、テレサはテレサで好きに底辺を救ってくれればいいと思います。

僕は救いません、この先もずっと底辺を救いませんし、もし間違えてお金持ちになったら底辺界隈とおさらばしますが、底辺界隈にお返しなんかするつもりも毛頭ありません。

底辺同士が手を取り合って底辺から抜け出すとか、ONE FOR ALLとか吐き気がします。

底辺から抜け出したければ一人でそっと抜け出しましょう。
僕の辞書には「移動は誰かと一緒に」という言葉はありません。

ただその代わり他人の足も引っ張るつもりはありません、抜け出したいやつは抜け出せばいいと思うし、足掻けば良いし、
底辺同士で馴れ合いたいやつは馴れ合っていれば良いとも思います。

僕は自分が抜け出せればどうでもいいのです、このコメントをくれた方は自分で動画を出しているみたいでした。

宣伝して下さいというDMが届いていました。

見たら河川敷のホームレスに食料を買ってあげて、支援を呼びかけて、動画撮影していました。

ホームレスは急に姿を消していました。

すみません、吐き気を催してしまったので僕の動画では紹介することは出来ません。

台風なんてこんなもんだ


正直に言います、僕は超大型台風が来ることに対して、警戒心を抱いて避難をする準備を整えるとか書いていましたが

実際のところは、家でハーフパンツで寝そべって映画を見ていました。

逃げる準備なんてものは何もしていませんでした。

そして、いつの間にか台風が去っていました。
そうです、偉そうなことを言いつつも、完全に台風を舐めていたのです。

途中で撮影でもしに行くかなと、近所の公園に向かったのですが、以前空港で立ち往生を食らったときの台風の方が激しかった為、戦意喪失して途中で缶コーヒーを買って踵を返してきました。

そんなもんです。

結果的に大した台風ではなかったみたいですね、大した台風ではないというよりか、危機感を煽られすぎてましたね。

僕は正直、不謹慎ですが、台風みたいな非日常が好きです、街に出ても誰も居ないし妖怪が歩いていてもおかしくありません。

アメリカ人は台風にノスタルジックを覚えるらしいですが、実は僕もノスタルジックを感じるんですよね、これは内緒ですよ。

昔、妖怪の百鬼夜行をテーマに作った作品があるのですが、台風をイメージして作りました。

また作ってみたいですね、百鬼夜行は絶対に台風の日に現れると思うんですよね僕は。

台風来とるやないか


なんか台風が来ているらしいですね。
実は今日、遠出して廃墟に行く予定だったので悔しいです。

普段の台風ならば別に気にしませんけど、今回の台風は大型台風らしく避難勧告みたいなものも出ていました。

僕は基本的に台風を舐めています、何故ならちょっと強い風という認識しかないからです。
ただ、住んでいる場所の近くに大きな河がある場合は話は違ってきます。

僕は本能を信じています、誰よりも自分の本能を信じています。

いつでも避難できるように荷物を纏めて、クルマにさようならを呟いて、逃げる準備を万全にしておくことにします。

そのときまで部屋で待機して、優雅に読書でもしながら時が来るのを待とうと思います。

もしも僕の動画の更新が止まったら、そのときは死んだものだと思ってください。