動作の遅い店員発見


ふざけるな、疲れてるんだ僕は

とても疲れている。

今日、歩きながらYou Tubeで鬼滅の刃の最新号を見た。

無惨様が、生物は死の淵から生還すると強くなると言っていた。

僕で言えば、期間工が第一段階のパワーアップだったのだろう。

そして、「銀歯さんの人生なら死んでます」と言う名のハンマーで頭をぶん殴られたときに二回目の死を体験したのだろう。

そして、今このブラック企業で試されている、死からの生還を。

そして、またしてもこのブログを維持するために4,000円を徴収されてしまった。
流石に放置しておくのは勿体ないので、日々起きた些細な出来事をここに殴り書いておき、動画でいつか話そうと思う。

メモの代わりに丁度いい。
それを、さも今日起きた出来事のように語るんだ。

此処を見た人は黙っていて欲しい、だっていちいち昔こんなことがあってさあ〜って語り口から入るのって鬱陶しいじゃん。

誤字脱字とかそういうのも特に気にしないで欲しい、時間を無駄に出来ないんだ。

今日あった出来事、コンビニでとんでもなく仕事の出来なさそうな若者がいた。

髪型はサイドを刈り上げており、結構爽やかな若者だったんだけど、やたらにレジが遅い。

4人も並んでいるというのに、一人で捌いている、普通コンビニって少しでも人が並ぶと過剰反応でヘルプを呼ぶのに、この少年は焦る様子もなく
ゆったりとした動作でレジをしている。

僕は正直、時間に追われていたので「早くしてくれないかな・・・」と思い眺めていた。

他の客は全員女性だったけど、誰も何も言わずに黙って待っていた。

僕の番が来た、からあげクンをオーダーして、おにぎりとカレーパンとアイスコーヒーを買った。

おにぎりとカレーパンを少しだけ温めてくれるようにお願いした。

レジの少年はゆったりとした動きでからあげクンを取りに行き、丁寧にテープで止めていた、それからおにぎりとカレーパンの袋をハサミで丁寧にカットして、電子レンジの中に入れてボタンを押し、
アイスコーヒー作りに取り掛かった。

ローソンだったので、店員がアイスコーヒーを作るシステムだった。

カップを持ってきて、サイズはMでいいですか?と聞いてきた、僕は「はい」と答えた。

次に何も入れなくていいですか?と聞いてきたので、どっちも入れてくださいと答えた。

かなりゆったりとした動きでクリームを入れてくれた。

暫くしてこちらに戻ってきて、砂糖はどうしますか?と言ってきたのでお願いしますと答えた。

そしたらゆっくりと、ホッカホカのコーヒーを持ってきてくれた。

なので僕は「すみません、頼んだのはアイスの方です」と言った。

そしたら表情を全く変えずに、ゆったりとした動きで戻っていき、暫くしてアイスコーヒーを持ってきてくれた。

何も入れなくていいですか?と聞いてきたので、砂糖もクリームもお願いしますと答えた。

それから暫くしてゆったりとアイスコーヒーが出てきた。

そして、お金を支払い、電子レンジの中で常温に戻ってしまったおにぎりとカレーパンを受け取った。

受け取るときに、少年がカレーパンの袋を凝視して、揉んでいたので気になった。何かあったのだろうかと?

まあ、とにかく僕は時間がなかったので、中々にとろくせぇ店員だなと思いつつもレジを後にした。

僕の後ろには5,6人の人が並んでいた、顔は怖くて見れなかった。

カレーパンを見るとなぜか知らないけどビチャビチャになっており、アイスコーヒーにはホットコーヒー用のシュガーが入っていて、底の方に全て溜まっていた為、全く甘みが無かった。

からあげクンはからあげクンで、頼んだ味と違っていたけれど、まあ別にこれは何でも良かった。

多分この店員は色々な人をムカつかせてしまっていると思うので、怒られるプロだと思う。

糖質君と動きの速度がそっくりだったからだ、常人の動きの速度ではない気がする。

もしかしたら何か薬を飲んでいるのかもしれないと思った。

あまり僕を怒らせないほうが良い


エックスサーバーからブログが凍結された。

理由は3ヶ月毎に支払う4000円弱の料金を滞納していたからだ。
そして、僕のこのブログの収益は月に500円にも満たない。

というよりか、グーグル・アドセンスの自動広告しか付けられないのだが
たまにアドセンスが広告を出すのを休んでいる。

いや、さぼっているのだ。

プログラムを見てみると、何故か広告のコードが消えていたりするのだが、
これは僕の錯覚なのだろうか?

あまり僕を怒らせないほうが良い、こんなブログいつでも捨てる準備は出来ているのだから。

だって、やればやっただけ赤字になって行く不良債権なのだから。

基本的に僕のライフスタイルは動画で話す、何故ならそっちの方が遥かに儲かるからだ。
ここで話す意味がない。

そして、動画で話すまでもないことはTwitterで呟く。

だからこのブログの存在価値など無いのだ、このブログでせめてサーバー代金ぐらいは回収できたのならまだやる気にもなると思うが、
サーバー代すら回収できない。

・・・しかし、僕はいつもエックスサーバーからの凍結のお知らせを聞くたびにお金を振り込んでしまう。

10月に凍結のお知らせが来ていたので、それまでの分と、更にこの先3ヶ月分で8000円程の金を要求される羽目になるのだが、
僕は何故かお金を払ってしまう。

このブログを捨てることが出来ないのだ、ただ更新することも出来ない。
文章は10分ぐらいで終わるが、自分の切り売りをしているような気がしてしまうのだ。

一体全体、このブログは何なのだろうか?
高齢ニートや引篭を見捨てることが出来ない親の心境に近い気がする。

心を鬼にして切り捨てなければならない、こいつには将来性は無いはずだ。

もはや誰も文字なんか読まない、動画の方は楽だし血も通っているように思える。

文字はキャッチフレーズのみで事足りている、つまりTwitterや街中の広告で十分なのだ。

その流れは今後も止まらないだろう、1億総白痴時代だ。

動画もブログも別に言いたいことが言えるわけでもないし、書きたいことが書けるわけでもない。

いや、やろうと思えば出来るが、それをやってしまうと非常に面倒くさいことになるのも知っている。

だから僕はこのブログの存在意義が全く見いだせない。

いらない子だ。

非理法権天


皆さん、非理法権天という言葉を知っていますか?

この言葉を初めて知ったのは法律の本か何かだと思うのですが、
忘れました。
楠木正成が唱えたと書いてあったので、それを信じていたのですが、
Wikipediaを見てみると事実は違うみたいですね。

まあ、誰が唱えたかなんていうのはどうでも良いことです。
僕はこの5文字が結構好きです。

非は理屈に勝てず、理屈は法に勝てず、法は権力に勝てず、権力も天道には勝てない。

これは今の時代にも言えることです、やっぱり一番強いのは天道でしょう。
天道というのは何のことか分かりませんが、まあ、人々の感情だと思っています。

集団の感情は法律をも動かしますし、権力も倒しますからね。

人々の感情というのはやっぱり根付いている共通認識、道徳心でしょう。
例えば老人には優しくしなければいけない、子供は守らなければいけない、弱いものは救わなければならず、同情をしなければならない。

見返りを求めず、優しくなければならない、両親を大切にしなければならない、歯車になって働いて社会の役に立たなければならない、人を殺してはいけない、罪を犯してはいけない・・・

いくらでもありますね、この辺が天道でしょう。
タブーとして多くの人間の中に、国籍を問わずに根付いている集団を上手く機能させる為のルールでもあります。

僕たちは、やっぱり集団主義なのです、蟻ん子と根本的には同じです。

個人主義の時代だと言われては居ますが、やはり本当に個人主義の人間は死ぬまで叩かれる人生を送ることになるでしょう。

個人主義は決して許されることはないのです。
無職の人がインターネット上でどれだけ叩かれるかを見ていても分かりますね。

この「非理法権天」という言葉は、物事の事実を的確に表しているなあと改めて思いますね。

作った人、誰か知らないけど凄いですね。
ぼかぁ、好きですね。

オフィスワークは仕事量が問題


はい、どうも銀歯です。

Xサーバーから3,000円支払え、さもないとお前のブログを凍結するぞ!
という予告を毎日受けております。

ただ、このブログ例え毎日更新したとしても3,000円にすらならないんですよね、難しい問題です。
凍結出来もんならしてみやがれ!という姿勢でいつも戦っているのですが、土壇場のところで結局脅しに屈して金を支払ってしまいます。

そもそも何故僕はXサーバーなんてものを使っているのでしょうか?
無料のブログで良いと思います、けどブロガーが言っていたのです。
稼ぎたかったらXサーバー一択だ!それ以外の選択肢はない!と。

ピュアな僕はその言葉を盲信していました、これが間違えているのか正しいのかすら未だによく理解しておりません。

さて、そんなことよりかオフィスワークのホワイトカラーもどきになった僕ですが、オフィスワークをやってみて思ったことがあります。

仕事が単純で、少なければ、これほど楽な仕事はないなってことです。
僕は今、パートのおばちゃん達と仕事をしているのですが、まあ楽です。
何故ならノルマが非常に少ないから。
あと、会社は基本的に女性にハードワークをさせません。

大体、しんどい仕事は男性に振られますし、正社員に振られます。
そして女性が無理をしていたら男性が仕事を助けてあげるというのがマナーです。

というわけで、おばちゃん達の仕事のおこぼれに預かっている僕は物凄く楽なのですが、そもそもが何故僕は研修をしに来たのか?
本当に訳が分かりませんよね、これでは。

こんな遠くまで遥々やってきて、パートのおばちゃんから仕事を別けてもらうという寄生虫のような仕事を僕はやっているわけです。

さて、いつまでこの平穏な日々が続くのやら。
しかし、僕は思いましたね、次に生まれ変わったら女性がいいなあと。
何故なら比較的、楽させて貰えるからです。

これが美人であれば余計に楽出来るでしょうね、そしたらどんどんとその欲求はエスカレートして行き、金持ちで甲斐性のある男性と結婚したいと思うようになって当然だと思います。

人の欲求は大体一緒ですからね。

逆に仕事量が多いオフィスワークの人は絶対に大変でしょうね。
工場の製造なんかだとタクトタイムみたいなものがあって、大体何時間でこなせるか答えが出ますからね。

土方とか建設業でもそうです、業界の常識みたいなものがあると思います。
この工程はどのぐらいの時間を要するのか?とかね。

しかし、オフィスワークはこれが曖昧な気がしますから、人が少なかったりしたらその分の仕事量が個人の負担になるわけです。
残業をする人間は無能みたいな風潮が日本でも出てきましたが、そもそもこなせない仕事量を与えられている人はどうなのでしょうね。

まさか自分が身銭を切って外注にでも頼めば良いのでしょうか?
効率よく仕事を出来るシステムを導入するぐらいは出来るかもしれませんが、恐らくそんなことを考えたり、調べているいる暇もない人が大勢いるんでしょうね・・・

台風なんてこんなもんだ


正直に言います、僕は超大型台風が来ることに対して、警戒心を抱いて避難をする準備を整えるとか書いていましたが

実際のところは、家でハーフパンツで寝そべって映画を見ていました。

逃げる準備なんてものは何もしていませんでした。

そして、いつの間にか台風が去っていました。
そうです、偉そうなことを言いつつも、完全に台風を舐めていたのです。

途中で撮影でもしに行くかなと、近所の公園に向かったのですが、以前空港で立ち往生を食らったときの台風の方が激しかった為、戦意喪失して途中で缶コーヒーを買って踵を返してきました。

そんなもんです。

結果的に大した台風ではなかったみたいですね、大した台風ではないというよりか、危機感を煽られすぎてましたね。

僕は正直、不謹慎ですが、台風みたいな非日常が好きです、街に出ても誰も居ないし妖怪が歩いていてもおかしくありません。

アメリカ人は台風にノスタルジックを覚えるらしいですが、実は僕もノスタルジックを感じるんですよね、これは内緒ですよ。

昔、妖怪の百鬼夜行をテーマに作った作品があるのですが、台風をイメージして作りました。

また作ってみたいですね、百鬼夜行は絶対に台風の日に現れると思うんですよね僕は。

台風来とるやないか


なんか台風が来ているらしいですね。
実は今日、遠出して廃墟に行く予定だったので悔しいです。

普段の台風ならば別に気にしませんけど、今回の台風は大型台風らしく避難勧告みたいなものも出ていました。

僕は基本的に台風を舐めています、何故ならちょっと強い風という認識しかないからです。
ただ、住んでいる場所の近くに大きな河がある場合は話は違ってきます。

僕は本能を信じています、誰よりも自分の本能を信じています。

いつでも避難できるように荷物を纏めて、クルマにさようならを呟いて、逃げる準備を万全にしておくことにします。

そのときまで部屋で待機して、優雅に読書でもしながら時が来るのを待とうと思います。

もしも僕の動画の更新が止まったら、そのときは死んだものだと思ってください。

期間工も視野に入れて求職活動をしよう


正直言ってまとまった金がほしい。

期間工は世間で言われるほど儲からないとは思うけど、寮費が無料なので1年間も働けばそれなりに纏まった金が手に入る。

引っ越しのお陰で金が出てってしまったので落ち着かないのだ。

年収200万円でコツコツ貯めた、ゴミみたいな貯蓄が激減してしまった。
これを補充しつつも、愛知県で求職活動をするのも悪くないかもしれん。

ただ、DENSOなら求職活動をしつつ働く余裕があるけれど、他の工場では無理だ。
そして、DENSOは募集してるか分からない。

俺がDENSOをYou Tubeで薦めまくったことが仇になるかもしれない。

自分で自分の首を絞めてる。

TOYOTAだけは死んでも働きたくないし、他の自動車工場でも働きたくない。

出来ればまたDENSOでクルルに乗って、風を切って、爽やかにお金を稼ぎたい。

一応、DENSOでは円滑に満了したはずなので、悪いデータは残ってないと思うけど、遥か昔になってしまったので無効かもしれない。

当時働いていたときは20代。

40代とかで期間工に来ていたおっさん達を僕は見下していた。

こうはなるまいと・・・

なんだかんだで思いは実現してしまうのかもしれない。
でも期間工で働くぐらいなら今の会社で貯蓄を増やしたほうがマシかもしれない。

子供部屋おじさんから卒業したばかりに、年収200万円という現実が襲いかかってきてる。

年収200万円で一人暮らしは出来るには出来るが、本気で全く残らないという。

週休3日になってもらいたい


どうも、銀歯です。

それにしても僕らって働きすぎじゃないでしょうか?
週休2日じゃ足りません、3日は欲しいです。
欲を言えば4日は欲しいところです。

そもそも、昔は週1休みだった筈なのに娯楽が発展し僕らは明らかに怠け者になっていますよね。

今では企業に就職される際に、週休二日制なのか?完全週休二日制なのか?と言ったところで最近は争いがあります。
求人広告の嘘や、ブラック企業に騙されるなと言うあれです。

まあ、確かに求人情報は良いことばかり書いてあるので、大袈裟に詐欺求人をしている所も多いです。

週休二日制と、完全週休二日制では大きく変わってきますからね。

自分から言わせてもらえば完全週休二日制なんてものは当たり前なのですが・・・人間の基本的人権だとすら思っています。

けど、これが週休3日制になれば、恐らく僕らは週休2日制に対して物足りなくなり、昔の人はよく週に2日だけで休息日で過ごしていたなあなんてことを言われることでしょう。

恐ろしいですね。

しかし、毎日残業をして、週休二日制でもない人達も大勢います。
よくやりますよね・・・

けれど、自分もその環境になってしまえば恐らく簡単に馴れるんだろうなあとも思います。

人間の環境適応能力を侮ってはいけません、そもそも休みなんてものは週に一回でもあれば人は余裕で生きられるのです。

いや、そもそも寝る時間があれば恐らく余裕で生きられます。

昔の人はそうだったのですから、現代人の甘えです。

人は権利を要求する生き物ですね、どこまで与えても結局はそれよりも更に充実した生活を要求するのです。

悪い意味でも良い意味でも人はすぐに馴れます。

多分、週休3日制になっても、暫くすると「働きすぎ」という文句が上がってきます。

逆に労働をしなければしないで、労働に対する憧れが生まれてくるのでしょうね。

ただ、僕が今思っている週休3日制になって貰いたいという気持ちは本物です。

現代社会では、余暇時間はかなり増大しているみたいです。

1965年から2003年にかけて男では1週間で5〜8時間、女は4〜8時間の増加もしているみたいです。

その結果として、レジャー産業が目覚ましく成長し、余暇時間から利益を得ようとして、スポーツ、旅行、映画、テレビなんかの産業が台頭したという経緯があるみたいですね。

今ならネット産業でしょうね。

けれど、余暇時間自体は増えても、多くの人は時間貧乏になっているということです。

それは自由に使える時間が足りないわけではなく、空き時間が足りないから
余暇時間の増加ペースが消費の増加ペースに追いついていないということです。

やること、やりたいことは日々どんどん多くなっていっているわけです。

メキシコの実業家のカルロス・スリムなる人は週休3日、1日11時間労働への移行を提唱しているみたいですが、これは結構合理的です。

朝の支度の時間や帰宅後のスイッチのオンオフ、通勤時間の削減が出来ますからね。

そもそも通勤時間って明らかに仕事内ですよね、自分はそう思って生きています。

この週休3日、1日11時間で労働をすることで、毎朝着替えて会社に行ったり、準備をする時間が省かれますから多少なりとも自分の時間の確保に役に立つことでしょうね。

では、寝ます。
おやすみなさい。

雷って恐ろしいよな


どうも、銀歯です。

突然ですが、雷って恐ろしくないですか?まず空がゴロゴロ鳴っている時点で頭がおかしいわけです。

悪い予感しか感じさせません、それでも真夏の夕立と雷には風情がありますよね。

だがしかし、カミナリはかなりやばい現象です。

昔、友達のムーブエアロダウンカスタムの助手席に乗っていたときのことです、突然車にカミナリが落ちました。

車にカミナリが落ちた場合、中に乗っている人は電撃が地面に逃げてくれるため何ともないみたいなのですが、かなり衝撃的な光景でしたよ。

突然、目の前が真っ白になり、二人で唖然としていた記憶があります。
(近くに落ちただけの可能性もありますが)

あれ、クルマの外だったら死んでたんでしょうね。

それと、これは自分の話ではないですが
中学生の頃の教師が授業中に話をしてくれました。

その教師は下校途中に傘をさしていた女の子がカミナリに撃たれて命を落とすところを目撃したことがあるとか言っていました。

その女の子はさっきまで教師と会話をしてたらしいのですが、そんなものを見てしまったらトラウマになりますよね・・・

幸いなことに自分にはカミナリは落ちたことがありませんが、いつ奴らに命を狙われるか分からないんです。

山の上とか結構危ないです。

まあ、要はかみなりってどう考えても頭おかしいわけです。
あんな殺人的な自然現象を人類はいつまで放置しておくのでしょうか?

間接的にではなく、直接的に人々を殺しに来る自然現象は雹と雷だけです。

これ豆知識ですので覚えておいて下さい。

くわばらくわばら

働かなくて良い未来が天国だ


ども、銀歯です。

このブログを更新するのも結構久しぶりな気がしますが、最近忙しすぎて更新が出来ませんでした、忙しいというよりか考えるべきことが多すぎて
こんな儲かりもしないブログを更新するに気にならなかったわけです。

さて、今日紹介したい過去動画これです。

『働かなくて良い未来を何故みんな悲観するのか?』

まず、この動画を語る前に、前から思ってたのですが『世論』という言葉の読み方の問題なのですが「よろん」「せろん」一体どっちが正解なのでしょうか?

自分はどちらの読み方も動画によって使っていますが、たまにコメントでツッコミが入ります。

まあ、ググってみた所どちらも正解ではあるみたいですが、やっぱり「よろん」で統一した方が良いのかもしれませんね。

何となく「よろん」の方がよく聞く気がしますしね。

はい、んでは記事を書いていこうかと思うのですが、今後AIの発展により職を奪われる可能性があるということで少し前から世間で話題になっております。

まあ、どう考えてもAIは今後益々発展をして行き、生活が便利になると共に「不便の部分」を請け負ったり、解消することを生業としていた人達は職を失うでしょう。

そして、エンターテイメントなんかの分野や知的労働の分野、もしかしたらクリエィティブの分野にすらAI革命が及ぶかもしれません。

そうしたら当然多くの人達は職を失うでしょうね。

それは高卒の僕でも分かります。

現に多くの経済学者も、テクノロージの恩恵はすべての人に及ばない可能性があると指摘してます。

そして、低スキル、低賃金の人達を守るために政府が社会保障を充実させる必要があると。

テクノロジーの進歩によって消滅しない職につきたいのであれば、この二つのカテゴリーから職を探すべきだとも言っています。

①人間が「絶対優位」をもっている仕事
②人間が「比較優位」をもっている仕事

この内の創造性、共感、問題解決、身体的作業に関しては今の所は・・・ですが、人間が絶対優位を持っていると。

向こう数十年、中程度の雇用の空洞化が進む中でもこれらの能力を要する職は残るということです。

いつか人工知能やロボットが人間を凌駕する日が来るが、それでも人間が比較優位をもつ分野は残るので、未来の高所得者はそこに存在するというのです。

では、低スキル、低賃金で、上記の二つの条件を兼ね備えていない仕事に従事している多くの人々は一体どうなってしまうのでしょうか?

まあ、自分自身もそうなのですが・・・野たれ死にの可能性が高いのでしょうか?

正直、自分はそこまで悲観的な見方をしていませんけどね、数の力ってのはどの時代でもクソ強いですからね。

これから全世界で仕事難民が増えてくるかと思いますが、何処かの国の何処かの人達が何かしらの対策を打ち立て、それが波及して底辺の人達が
働かなくて良い世の中になることを切に願っております。

完全に人任せ、他国任せな考え方ですが・・・

というか、自分自身があんまり働きたくないですね。

完全に働きたくないのではなく、あんまり働きたくないのです。
そこは重要ですよ!

ではでは。