大手企業が求人募集してた件


ども、銀歯です。

一昨年ぐらいの話ですが、とある某大手優良企業にて30代の人員が不足しているという理由で中途採用を積極的にやっているのを見かけました。

積極的といっても、大手優良企業なわけで、多くの人達が応募することは間違いなかったので倍率は偉いことになったとは思いますが・・・

自分も募集を見て、ダメ元で申し込んでみようかと思いました。

一応、年齢はギリギリ大丈夫だったので、ネットでその企業のことを軽く調べました。

そしたら、「仕事は楽だが人生を考えてしまう」「やり甲斐のない仕事」なんていう書き込みが沢山ありましたね。

当然、大手優良企業なので待遇面でも他の中小零細なんかと比べ物にならない程に恵まれているはずですし、休日も腐るほどあるとのこと。

しかし、体質が問題で、どの社員も創意工夫とかそういったことに対して無関心なのだそうです。

効率よく仕事をしたとしても、それは評価に反映されることもなく、寧ろデメリットのほうが大きいので誰も得しないという恐ろしい構図が出来上がっているらしいです。

毎日、会社に行って与えられた職務をこなして定時を待つだけの人生というところに虚しさを感じて辞めていく人が後を絶たないみたいですね。

まあ、後を絶たないといえど実際に辞める人は極僅かでしょうね、仕事も楽らしいですし、実力のある人や有能な人は苦痛を感じるみたいですが、
そうでない人からしたら天国です。

いやあ、ぶっちゃけ羨ましい、そういう会社に入ったことがないので分かりませんが、今この歳でそういった会社に入れるのであれば絶対に辞めることもないでしょう。

若い頃であれば分かりませんが。

そもそも、やり甲斐だとかそんなものは製造業でもないですしね、まあ製造業でもやり甲斐を見付けられる人もいますが。

そういう人は有能な人なので、基本的には製造業に従事している割合は少ないでしょうね。

まあ、結局応募はするだけ無駄だろうなってことでしませんでしたが、それにしてもやはり大手組織の仲間入りをすることが実力や能力のない人達にとっては一番楽な選択ですよね。

今後、45歳定年説や、終身雇用崩壊説が浮上してきて、どうなるかは分かりませんが・・・

まあそれでも大手にいればそれだけ最後まで生き残れる可能性は高いとは思うので、結局迷うなら大手、迷うなら安定志向で間違いがないような気がします。

これはあくまでも可能性の話です、一部のラッキーパンチの当たったような人からしたら「まだ大企業で消耗してるの?」といったところでしょう。

ここで自分の言っているのは、多くの人が逃げ切れる可能性の話しです。
極一部の人のサクセスストーリーではありません、そういった人達の下にはいくらでもそこを目指した人の屍が転がっていますからね。

という感じで、何が言いたいのかよく分かりませんが、この某大手優良企業の面接ダメ元で受けてみれば良かったなと思っています。

ですが、どうシュミレーションをしてみても、まず書類選考を通り抜けられる気がしません。

それとクレペリン検査みたいなのがあったら確実にそこで終わりですから、可能性は1%もないわけです。

よろしく。

趣味として、日雇労働をしてみるのはありかもしれない


どうも、銀歯です。

ブログがまじで儲かりません、助けてください。

皆さん、今までの仕事で一番クズが多いと思った職種は何でしょうか?

自分は明確で、「日雇い労働」です。

クズというか、濃ゆい人間が多いと言ったほうが良いでしょうか?

『【日雇い】社会の最底辺がそこにはある【愉快な仲間達】』

日雇い労働にいるのは基本的には、自堕落な人間が多いので、結構面倒くさいことに巻き込まれます。

自分は色々な場所に派遣されて、日雇労働をやっていましたが、移動の際に誰かが車を出さないといけないことがあります。

一応は多少のお金が貰えるんですが、正直割は合いません。
何故なら、彼等は車のカーペットでタバコの火を消したり、ゴミを捨て散らかしたり、好き放題するからです。

あと、カーレースを持ちかけられたりもしますので、絶対に車係りだけはヤメたほうが良いと思いますよ。

そう言えば今思い出したのですが、高速道路を仕事で使用した際に、領収書を貰うのを忘れたらしく自腹で払ったことを思い出しました。

結局、日給が半分ぐらいになってしまい、事務窓口のクソみたいに冷たい対応に憤慨した記憶があります。

自業自得なんですけどね・・・

まあ、その代り、日雇労働をやれば普段の生活の中では滅多にお目にかかれないような、やべえ奴らにも会うことが出来ますけどね。

ここまで自堕落で、自制が利かない人間がいるんだと思い知ることになるでしょう。

そういった社会不適合者達の坩堝がこの日雇労働だと思います。
まさに蠱毒を勝ち抜いてきた、強い毒と言って良いのかもしれません。

まあ、事情があって・・・という方もいますが、基本的には自堕落で落ちてきた人が多いです。

女性の場合は最後の坩堝は風俗なのかもしれませんが、男の場合は日雇いでしょうね。

まあ、女性も年齢次第では日雇いに落ちてこざるを得ないでしょうけどね。

確かに余り関わっても得にはならないかもしれませんが、詐欺師みたいな奴もいますしね笑

割とネジがぶっ飛んでいて面白い人達が多いです、人間観察という悪趣味を持っている人は休みの日にでも、日雇労働をやってみることをオススメします。

あれを生活の生業とすると、厳しいかもしれませんが、趣味として嗜む程度であれば面白いかもしれませんよ。

お金だって一応は貰えますしね。

まあ、最後の最後のセーフティネットは、やはり生活保護なのかもしれませんけどね。
生活保護はかなり強力なセーフティネットなのですが、いつまで維持出来るのでしょうか?

まあ、どうでも良いですね、それでは!


ハロワの職員に反対された個人零細企業


どうも、銀歯です。

皆さん、転職したことありますか?無い人もいますよね。

そういう人、本当にすごいと思います、自分は絶対に無理ですね。
何度も転職を繰り返してきたので、世間一般でいうクズ人間です。

まあ、20代の話ですが・・・

典型的な底辺に堕ちてくるパターンですよね。

さて、今日紹介したい過去動画はこれです。

『ハローワーク職員に反対された仕事がこれ』

この動画、久しぶりに観てみたんですけど、10万再生越えててビックリしました。

タイトルが興味唆るんでしょうかね?
高評価と低評価も同じぐらいの数値でした。

伸びる動画って、高評価も低評価も同じぐらい付きますよね、中々面白い現象ですよね。

それだけ議論の余地がある動画ということでしょうか。

まあ、この動画はタイトル通りなのですが、ハロワで募集のかかっていた個人零細企業に面接を申し込み、合格を貰ったあとで、
ハロワの職員がこっそりと「あの会社やばいですよ」と教えてくれたという話です。

正直、ハロワの職員としては失格だと思いますけど、個人的にはとても助かりましたし、感謝もしています。

こういう職員にもっと増えて欲しいのですが、あくまでもこの人達は公務員であって、中立の立場ですから無理でしょうね。

というのも、やはりこの個人零細会社に入っていたら、すぐに辞める結果になっていたような気がします。

それだけ個人零細という所で雇用されるというのは、色々な意味で不安定なのです。

この会社は確か従業員数が5人程度でしたね、まあ社長の奥さんが経理なんかで入っていなかった分だけ、まだマシな会社だとは思いますけど。

というか、待遇はその辺の中小零細よりしっかりとしていたので、元銀行マンの社長がかなりできる人だったのだと思います。

恐らく潰れたりとかの心配も無さそうですよね、それだけ元銀行マンというのはお金の管理に関しては信用出来ます。

まあ、それでもやはり、自分は今の中小製造業を選んだことに対しては後悔はしていません、やはり人が多い会社というのは「楽」だと身に沁みました。

自分は零細企業で働くことが多かったのですが、やはり責任の分散や仕事の分散がない分、比べ物にならない程に中小企業の方が楽ですね。

自分の体感ですし、業種の規模にもよりますが、人数が50人以上ぐらいにラインがあるような気がします。

やはり、経営者と従業員の距離感もありますし、従業員はあくまでも従業員で事足りますからね。

零細企業の場合、経営者は身近にいる従業員に対して経営者感覚を求めてきますが、中々難しいですもんね。

それと、自分は大手企業で働いたことがないので(トヨタやデンソーはありますが)、明確には言えないのですが

やはり、中小企業と大手企業にも歴然たる働きやすさの壁が存在していると思います。

それは中小企業の場合は、誰かが躓いた障害や、これから誰かが躓くであろう障害を取り除くことが困難なのに対して、大手企業の場合は取り除く専門の人が雇われていたりして、快適に働けるからです。

これは企業の体力の差ですが、やはり大手は仕事のしやすい環境に整えられているとは思います。

まあ、電通なんかでは自殺問題も出ていましたし、業種によるとは思いますが、少なくとも大手の製造は働きやすい環境は整えられている筈です。

製造業は歴史も長いですしね。

ちなみに、零細企業の場合はそもそも障害が障害として認識されておりませんし、経営者一族自体が障害である可能性が高いので論外です。

てな感じで、働きやすさに関しても、待遇に関しても、大手>中小>零細となっているわけです。

そういう意味でも個人零細に好き好んで入るのは愚の骨頂のような気がします。

まあ、賢い高校生ならこのぐらいのことは自分で理解できると思うのですが、たまにいるんですよ。

人間関係が苦手だから人の少ない場所に入りたいと考える人が。

そういう人に言いたいです、絶対に辞めたほうが良いと、人が少ないと仕事だけでなく、人間関係もリスク分散されないということを覚えておいたほうが良いと思いますわ。

基本的に人が多ければ多いほどに、人間関係は楽なはずです、それは単純に一人一人に求められる作業量や範囲が限定されていることにもよりますし、
たとえ、仕事が出来ない人間であろうとも、他にもっと出来ない人間がいる可能性が高いわけです。

そういった人がスケープゴードになることになりますが、要は自分が最下位でなければヘイトを集めにくい構造になっているんです。

それと、大事なのはある程度人数のいる会社では人格的に問題のある人間、標準と乖離している人間は出世することが基本的には出来ません。

なので本当にやばい奴が上司になるリスクも、人数が多ければ多いほどに少ない筈です。

まあ、今トヨタのときのシンナー班長が頭を掠めてしまいましたが・・・

あの人は何故班長になれたのでしょうか?時代背景の問題ですかね?

個人零細で5人ぐらいしか人数のいない会社だったら、上司を選ぶことが出来ませんもんね。

ある程度の人間がいる会社だと自浄作用が働くということです。

まず、①選考の段階で他の候補と比べることができる。

②やばい人であれば部下からヘイトを集め、クレームが付く。

って感じで。

まあ、そろそろトイレに行きたいので纏めようと思ったのですが、やはり纏めずにこのままトイレに行きます。

さようなら。

ドリンク補充のアルバイト


どうも、銀歯です。

皆さん、何らかの仕事で暴行されたことありますか?

多くの人は無いかと思いますが、底辺界隈を旅してきた自分はあります。

今回、紹介する過去動画はその「どつかれた話し」です。

『暴行されながらドリンク補充をした思い出』です。

数多の底辺界隈の作業をやってくると、こういう信じられない行為を行う人が本当にいるのです。

しかも、この会社は社長が入って3日目ぐらいの日雇い労働者を殴るといった中々面白いケースだと思います。

まあ、内容は動画を見てもらえば分かると思いますが、ドリンク補充の最中に頭を叩かれ、後ろから蹴られ、暴言を浴びせられました。

そして、その後で社員に誘われました。
まるでコントですよね。

この勧誘のされ方で果たして社員になるアルバイトはいるのでしょうか?

そもそもが、社員希望でもないたかが日雇いのアルバイトだった自分は当然辞めましたね。

何故、社長が現場作業に合流してくるのかよく分からなかったのですが、恐らく元々現場出の社長だったのでしょうね。

その為、今でも現場に拘っている人なのでしょう。

憶測ですが、自分が立ち上げた会社だと思います、従業員を数多く使うようになっても現場からきっぱりと離れられないのでしょう。

つまり、現場が好きな社長です。

全然現場に来ない社長というのは叩かれますが、現場が大好きという社長も人によっては鬱陶しいもんです。

この会社の社員になったらちょいちょいとこの社長が様子を見にくるでしょうから面倒くさいことこの上ないような気がします。

あと、この会社での思い出はトラックにドリンクを積む際に、カゴ台車で倉庫からトラックの荷台に持っていくのですが

倉庫とトラックの荷台までの間に若干の坂道があるのです。

この坂道、当時から意味不明でしたが、恐らく元々この仕事の作業場ではなかったのでしょうね。

そして、一回坂道でカゴ台車のバランスを崩して倒してしまったことがあります。
上の方の重量が重たすぎたのと、坂道だった為に台車の足が地上から離れてしまいバランスを崩したのだと思います。

カゴ台車にはドリンクの入ったダンボールが一杯乗っていますので、かなりの重量になるんですよ。

それが足の上に落ちてきて、足が潰されてしまいました。

自業自得なのですが、まともに歩けないぐらいにダメージを負いつつも
我慢して働き、家に帰ってから足を見たらパンパンに腫れていました。

底辺日雇い作業で怪我したら元も子もありません、若いうちは自分の限界を中々把握し辛いですからね。

ある程度、経験を積んだら無理しないようになりますが、やっぱり若いうちは怪我も多いですよね。

何を書いているんだ?と思われる方いるかもしれませんが、自分でも何を書いてるのか分かりません、ただ書いているだけです。

とにかく、もし皆さんが職場で殴られたとしたら速やかに訴えるべきところ訴えることも大切ですよ。

向こうは「大丈夫だ」と思ってやるわけですからね、笑顔でお疲れ様でしたを言って、後日労働基準監督署にでも駆け込みましょう。

ではでは。

パン工場で延々と大福詰める作業からばっくれた19の夜


どうも、銀歯です。

今日紹介する動画はこれです、『パン工場で延々と大福詰める作業からばっくれた19の夜』です。

懐かしいですね、この動画も懐かしいですし、パン工場でのバイトも懐かしいです。

夜勤で時給もそれなりに高かったんですけどね、とにかく二度とやりたくない最悪のアルバイトでしたね。

まあ、2日間ぐらいしか行ってませんが・・・

この仕事をばっくれたのは動画を見てもらえば分かると思いますが、扱いが雑過ぎたんですよね。

余りにも仕事がなくて仕方なく帰りましたが、それでなくてもパン工場って地味に辛い仕事だって思いましたね。

深夜の時間帯は長時間勤務だったのですが、朝までずっと甘ったるい砂糖とパンの匂いを嗅ぎ続け、温度もオーブンなんかが乱立していますからめちゃくちゃ暑いんですよね。

あれを2日体験しただけで、暫くはコンビニのパンを食べる気がしなくなるぐらいでした。

ちなみに普段の自分はコンビニの菓子パンや惣菜パンが大好きです。

あそこに正社員で入って働き続けている人は凄いですわ、尊敬してしまいます。

自分なら新卒で入社していたら1月持たなかった気がしますね。

それにしても、この工場の労働環境は酷かった、仕事を貰えない&教えて貰えないというのは割と地獄ですよ。

なんせ8時間じゃ終わらないんですからね、休憩室でさぼろうにも誰も居なかったので目立ちまくってしまいます。

1時間ぐらいサボったところで、家に帰りました。

基本的には製造や工場の仕事は他の仕事よりコミュ障気味の人が多いかと思いますが、更にこのパン工場は俺以外の人達が結構忙しそうにしていたので余計に仕事を教えてくれなかったし、貰えなかったんだと思います。

しかし、短期のアルバイトと言えど、配置ぐらい決めてから配属するものだと思いますが本当に人が足りなくて募集していたんですかね?

結構大手の製パン会社でしたが、定期的にアルバイトを一定数募集するシステムだったのでしょうか?

そうかもしれませんね、どう考えても配置が適当過ぎましたし。

今考えてみれば、毎日タイムカード押してそのまま帰宅して、またタイムカード押しに戻ってくるっていうすら出来そうですが。

まあ、流石に守衛に怪しまれてアウトでしょうけど。

中国人女性の間に無理矢理に入って、無理矢理に不必要な仕事していたのも今考えてみれば結構シュールで面白いですよね。

何を言っているのか全く分からなかったですし、鬱陶しそうな顔されてましたからね笑

彼女たちもそうですが、外国人って絶対に母国語を譲らないですよね、相手に通じていないというのは分かると思うんですが。

それに相手の国で働いている状況で譲らない、相手の国の言葉を片言ででも喋らないというのは意地なんでしょうか?

普通にその国で生活していれば嫌でもある程度は言葉も覚えてしまう気がしますけど、完全に日本人や日本語をシャットアウトして生きているのでしょうか?

考えづらいですが、そうかもしれませんね。

二度とやりたくはないですが、たった2日しか行っていない割にそれなりの記憶があるのは良いことです。

それだけインパクト強かったんでしょうね、自分の中で。

人生は思い出です。
自分の動画やブログも皆さんの思い出の一つになって頂ければ幸いです。

さようなら。

皆さん、仕事終わりましたか?


どうも、銀歯です。

動画も見てくれて、ブログも読んでくれる貴方が好きです。嘘です。

世間では仕事納めが多いですよね。

しかし、年間休日なんかは小さい会社程、宛にならないもんです。

こういった会社の本当の姿は実際に入ってみなければ分からないところがありますよね。ハローワークで出している求人情報は宛になりません。

特に年間休日や昇給率やら、平均残業時間は参考程度にしかしたら駄目です。零細企業なら平気で嘘ついてきます。

まあ、個人零細の募集を見ても基本的にはスルーしたほうが身のためだと思いますよ、これは今まで底辺で這いつくばってきた感じた感想です。

特に若い人はそんなところで時間を浪費したら駄目です、個人的に零細企業で働いて良いパターンを考えてみます。

①全般的なスキルを得たい場合

②それ以外の選択肢がない場合

③比較的大手企業に勤めるよりか待遇が1・5倍〜2倍以上貰える場合

④将来、何らかのメリットがある場合

このぐらいですね、これに該当しない場合は大手に入りましょう、悪いことはいいません。

まず①の場合ですが、個人零細企業は大体少人数で運営しているので、その仕事全般において学ぶことは出来ます。

部分的にしか学べないであろう大手企業よりかは運営も含めた仕事が学べますので、将来同じ職業で開業して食べていきたいとか考えるのであれば一番の早道かもしれません。

地味にコネも作りやすいというか、接する人が同じように仕事に直結していることが多いので後々で即戦力のコネに繋がったりもします。

大手で働いていて、いざ独立開業したところで、取引先は大手に対して魅力を感じていただけといった場合も多いので、コネだと思っていたものがコネではなかったというケースも結構あります。

まあ、こういうコネの部分は運と人柄次第なので何とも言えませんけどね。

②は、やはり個人零細は人が来にくいです。募集をかけても人は滅多に来ません。

ましてや有能な人なんか全くと言っていいほど来ません。なので、若者であるだけでも大体入れてしまうでしょう。

面接でまともな対応ができれば、ですが。

まあ、そういった事情もあり、門戸は割と広く開かれている印象です。経験者募集とかいう要件は無視して応募してみてください。

結構いけますよ、ハロワの職員も聞くだけ聞いてみますね、と言って無理矢理に面接をねじ込んで来たり普通にしています。

なのでやっぱり雇ってもらえる確率は高いです、なのでどうしても困った人は背に腹は変えられませんので個人零細企業に入るのもありです。

③は個人的には2倍は最低限欲しいです、やはり待遇と言った形で表してもらわなければ零細に入るメリットはないですからね。

その個人零細がどこまで生き延びるのかも分かりませんし、大手より明らかに体力はないでしょうからね。

そのときに共倒れになってしまっても文句は言えませんので待遇は大事です。

ただ、自分の仕事に専念できる環境ではないことは多いです、大手企業から個人零細に堕ちてきた人は驚かれるかもしれません。

個人零細ではかなりの幅の仕事を末端作業員にも課してきます、これは人数が少ないので仕方ありません。

「うちは少数精鋭だから」というフレーズは何度か聞きましたわ。
まあ、精鋭というには程遠い人ばかりなのは底辺個人零細の言ってはいけないお約束です。

まあ、基本的には仕事はハードになると思うし、周りのサポートの質も下がると思っておいて下さい。

そして、そもそもですが、大手企業より高待遇を提示できる個人零細は滅多にお目にかかれません、逆に見付けたら訝しんでしまうレベルです。

はい、では④です。
これは将来的にその仕事の地盤を貰えたりするレアケースです。

親族がやっている場合、娘や息子と結婚する場合等があります。

極稀に跡継ぎがいないので、といった理由で貰える場合もありますが、これはレアケースなので考えません。

まあ、これもそもそも、儲かっているか?いないか?で判断しますよね。
儲かっていない地盤を受け継いでも無意味なので。

まあ、他にも色々なメリットが考えられるかも知れませんが
基本的には個人零細より中・大企業の方がすべての面において勝っていますので、どう考えても個人零細を雇用先として選択する人は赤信号です。

たまに少数の方が人間関係が煩わしくなさそうだとか、とにかく人の少ない環境で働きたい系の人がいます。

これ残念なことに社会を知らない高校生に多いパターンです。

これは余程運が良くなければ後悔する可能性高いですからね。
自分の経験上、大手企業のほうが全てのタイプの人間をカヴァーすることができます。

コミュ症でも、人間嫌いでも、人間大好きでも、頭お花畑でも、大手に入りましょう。

全国の個人零細の方、怒らないでくださいね。
まあ、恐らくそんなこと経営者であれば自覚はあると思いますが

はい、そんなこんなで銀歯でした。